太陽光発電全般の耐久年数について

あまり知られていないかもしれませんが、太陽光発電システムをメーカーから購入すれば、メーカーが性能を保証してくれる保証期間というものがありますが、実は太陽光発電システムの寿命はけっこう長いらしく、あるメーカーのもので40年以上もの間稼働する事が出来るそうです。
そういった、稼働可能と、推測する期待寿命を大部分の製品が持ち合わせています。
ではこれから太陽光発電システムの寿命、耐久年数について上げていきます。
期待寿命はそもそも過去の製品から割り出した年数であり、もちろんのこと明確化はされず統一される数字も持っていませんが、過去のデータより、一般的に屋外用大型モジュールの期待寿命は20から30年以上だといわれています。
年月を追うごとに性能が少しずつだけれども低下していくとされるモジュールですが、結晶シリコンとなると低下量はたったの20年間に1割未満というデータが出ています。
これまで屋外からの光で劣化が進みやすかったアモルファスシリコンを用いたモジュールでさえ、現在でもメーカーからの保証期間は20年以上あります。
寿命が約10年といわれる周辺機器のパワーコンディショナー、接続箱、分裂盤ですが、両者共、10年、20年と何もせず放っておいて良いというわけではないのです。
そこで、めんどくさがらずに、自分で部品などを交換するなど、メンテナンスを工夫する事が大事になってきます。
そして、適正価格で導入!太陽光発電見積り比較それ自体の寿命は長いとされているので、それに合うような性能を持った架台や施工部分が必要です。
なので代理店や、メーカー側は定期的に保守点検を進めるプランを用意していたりするので、出来るだけ、上手に長く使う秘訣として、一般建築物と同じような扱いで小まめな点検をするようにとされているのです。

新着情報

◆2013/08/14
運営者情報を新規投稿しました。
◆2013/07/23
東京電力のオール電化による割引の情報を更新しました。
◆2013/07/23
東京電力のオール電化のメリットの情報を更新しました。
◆2013/07/23
東京電力のオール電化の普及の情報を更新しました。
◆2013/07/23
東京電力の割引プラン活用の情報を更新しました。